築20年のこんなマンションでは・・・
新築マンションが満室なのは当たり前。誰でも綺麗なマンションに住みたいもの。
「場所は良いけど、いまどきこの間取りじゃ難しいよ」とアドバイスされて思い切ってリフォーム。

しかし「間取りや部屋の感じは悪くないけど、なんとなく決められない」
と言われていまだに空室が埋まらない・・・・・・・・

それは “見た目” のせいかもしれません。

築20年以上入居率50%以下でも大丈夫!アパート・マンションの第一印象だけを変えるというローコストな空室対策です。

収益物件としてお持ちの賃貸アパート、賃貸マンションの空室対策に頭を悩ますオーナー様が年々増加しています。
特に築20年を超える収益物件となると空室率が50%以上というアパート・マンションも少なくありません。
このような空室が目立つ収益用賃貸アパート収益用賃貸マンションの特徴は2つに分かれます。

  1. 立地の問題でどう考えても埋めるのは難しいケース。
    この収益物件はわざわざそこに住む理由が必要です。
    大きなコンセプトを持たせた大規模なリノベーションを実施しないと入居率改善は難しいでしょう。
  2. 立地は良いけど古くなってきて周りの賃貸マンション・賃貸アパートなどと比べて見劣りがするケース。
    新築の頃は良かったけど老朽化が目立ちすっかり人気がなくなったパターンです。
    立地や家賃を見て興味を持っても現地を見ると決まらない・・・。

当社の賃貸アパート、賃貸マンションの空室対策は【2】のようなパターンで高い成果が期待できます。
高い確率で入居率は改善するでしょう

  • 老朽化しているが大規模修繕を
    するのはリスクが高い。
  • 内装リフォームをしたが入居が
    決まらない。
  • 空室対策をする近隣競合マンションの
    賃料値下げ競争に巻き込まれている。
  • 入居者の満足度を高め
    長期間入居して貰いたい。
  • 入居率を上げ実質投資利回りを
    上げる事で高く売却したい。

■1Fプロジェクトの空室対策について

私たちは賃貸アパート、賃貸マンションが選ばれる基準を独自の視点で研究してきました。
立地が良くて、間取りが良く、家賃が適正なら入居が決まる時代から、感覚的に惹かれる物件が選ばれる時代へ移行しています。それは論理的な価値よりも感覚的な価値に飢えた時代だからです。このように消費者の趣向は日々変化していますので時代に合わせた解決方法が必要です。

同じように旧来から変化していないのが空室対策=内装リフォームという発想。部屋をリフォームして綺麗になれば、入居率は改善していたのは昔の話です。昔に比べると格安でオシャレな家具が揃ったりと部屋の中は自分でいくらでも工夫出来る!と考える人が圧倒的多数です。内装を変えても入居率改善には繋がりにくい状況です。不動産業界が考えているほど内装は重視されていません

1Fプロジェクトでは従来の賃貸アパート、賃貸マンションが選ばれる基準とは全く逆の発想で空室対策を行っています。入居者が選ぶ基準はずばり外観です。部屋の中は自分で何とでも出来るけど、マンション・アパートの外観はどうにもなりません。当プロジェクトは賃貸マンション・賃貸アパートの外観部分にテコ入れします。中でもマンション・アパート全体の印象となりうる1F部分に絞ったローコストリノベーションです。
1Fが変わればマンション全体のイメージがガラッと変わります。1Fだけを変えただけで数々のマンション・アパートが満室になりました。実際の入居率改善事例をご覧ください。

予算70万円 12ヶ月で満室になりました!
1Fテナントで第一印象を変えた事例

(当時)
 築25年 入居率/25%

 総戸数/16戸
 空室/12戸(当時)
 平均家賃/30,000円

このマンションの第一印象はオーナー様が運営する1Fのカフェだと分かりました。
このカフェの外観をイメージチェンジさせる事で第一印象が大きく変わり、次々と入居が決まりました。

予算260万円 11ヶ月で満室になりました!
コンセプトを持たせ第一印象を変えた事例

(当時)
 築17年 入居率/0%

 総戸数/12戸
 空室/12戸(当時)
 平均家賃/33,000円

外観の汚れや塗装の剥がれが目立っていた第一印象の中で、鉄部塗装及びバルコニーや階段踊り場に塗装杉板を貼る事で全体の印象を変える事に成功しました。

予算350万円(外部のみ) 4ヶ月で満室になりました!
老朽化の目立つアパートの第一印象を変えた事例

(当時)
 築15年 入居率/0%

 総戸数/3戸
 空室/3戸(当時)
 平均家賃/138,000円

女性の入居を意識して京町屋風の見た目に仕上げました。
コンセプトをしっかり持たせた事で店舗も居宅部分も竣工から1ヶ月も経たずに入居者が決まりました。

分割払いパッケージがご利用いただけます!最大500万円最長5年が可能です。

■1F-PROJECT (イチエフプロジェクト)のノウハウについて

このような結果を出す為に私たちは独自のノウハウを持っています。
建物の第一印象チェンジはプロジェクトメンバーの北堀江看板が担当します。当社は病院を始めとした店舗の外観・看板デザイン事業を通じて無意識の通行人へ意図的に存在を知らせる事を研究しています。無意識である通行人がその存在に気が付き、入りたくなるよう誘導するデザイン技術がノウハウです。マンション・アパートの印象を変える技術は店舗看板デザインの実践で得たノウハウの応用です。このマンション・アパートの全体イメージ決定付けている箇所は必ず存在します。その部分を見つけて集中的にテコ入れ(リノベーション)を行います。
管理部門はあんずHOMEが担当します。当社は女性に選ばれる繊細なマンション管理を得意としております。空室対策は単に建物の事だけに留まりません。賃貸不動産会社様が案内する物件資料を魅力的に作る事や、物件閲覧時に消費者のマイナスイメージとなるであろう問題点を日常の管理の中でしっかり排除していく事で入居率は改善していきます。

ご相談の流れ
ここまで無料です

まず最初に事前相談を行っていただきます。パンフレット裏面の事前相談シートにご記入いただき当社までFAXでご送付ください。

頂いた情報とご予算を元に当プロジェクトで簡易調査を行います。(管理会社、及び関係者様に情報が漏れる事はありません)

当プロジェクトで成果が出せる可能性のある物件なら「可」、現状ご予算内で入居を埋めるのが難しい場合は「否」をFAXにて送付致します。

簡易診断結果が「可」の場合は具体的な相談に進みます。現地にお伺いし詳細のヒアリングや当社の見解をより詳しくお話致します。

現地調査の後、ご提案書を作成します。ご提案書の内容にご納得いただきましたら契約となります。

ご契約

ご契約後、具体的なデザインに入ります。

デザイン校了後、請求書を発行しますのでご入金処理をお願いします。

管理契約スタート

まずは事前相談シートをご記入いただきFAXでご送付下さい。FAX : 06-6534-0039 事前相談シートはこちらからダウンロード

第一印象が入居のネックとなっている賃貸マンション、賃貸アパートなら当プロジェクトの空室対策で入居率は改善できますが、それ以外の要因(家賃、立地など)が大きな要因であるなら1Fプロジェクトのローコスト空室対策方法では解決出来ません。ご了承下さい。

対応可能エリア
大阪府下:大阪市 東大阪市 寝屋川市 大東市 松原市 吹田市 守口市 堺市  摂津市 高槻市 門真市 堺市 羽曳野市 豊中市 池田市 茨木市
大阪市内:旭区 阿倍野区 生野区 北区 此花区 城東区 住之江区 住吉区 大正区 中央区 鶴見区 天王寺区 浪速区 西区
西成区 西淀川区 東住吉区 東成区 東淀川区 平野区 福島区 港区 都島区 淀川区
兵庫県 :西宮市 芦屋市 神戸市 宝塚市 尼崎市

■第一印象の研究について

当プロジェクトは第一印象が消費者に与える影響を研究しています。
賃貸マンション・賃貸アパートの入居決定タイミングは現地内覧の際がほぼ100%です。特に「内覧」という言葉が示すように確実に貸す側は部屋の鍵を開けた瞬間が勝負だと考えています。また借りる側もその瞬間が自分の決定に大きな影響を与える瞬間だと思い込んでいます。しかし実際には現地についたその瞬間から入居者は選定に入っています。初めてマンション・アパートを目にした瞬間の印象に強烈な影響を受けています。この第一印象はほぼ覆る事なく後まで響きます。当プロジェクトの実績をご覧いただいた通りほぼ空室状態であったアパート、マンションが約1年後満室になり入居率が改善したのはこの第一印象のせいです。それ以外のところは変えていないのですからこれは間違いなく第一印象を変えるという空室対策が驚異的な入居改善につながる事の証明でしょう。入居率改善は大きなテーマでさまざまな空室対策がありますが大別すると2つの方法があります。
① 大規模なリノベーションを行う方法です。これを実施するには数千万円単位の投資となり非常にリスクはあるものの効果は見込めます。
空室対策コンサルタントにより管理方法を中心としたレクチャーを受けご自身の管理を見直す方法です。こちらはローコストでご自身が動ける事が条件となります。当プロジェクトの空室対策はこの2つとは全く違う領域となります。ある意味では特殊でニッチな空室対策による入居率改善を狙う方法なので、以下のような方ならピッタリの方法かと思います。
①のような大きな投資には躊躇するものの、ご自身で日々細かい管理を行うのが困難な方。

■現状の空室対策では限界だと考えているなら

管理は日々の事です。賃貸アパート、賃貸マンション経営が本業ではない方などはそれに関わる時間がないので管理会社にお任せという方が多いと思います。もし相続などで譲り受けた収益マンション、収益アパートなら先代からの管理会社ごと引き継いで委託されているケースが多く、空室率が改善しない本当の理由をご存知ない方が多いようです。
1Fプロジェクトでは消費者に選ばれる繊細なリノベーション、繊細な管理を行い収益アパート収益マンションの入居率改善を促進する新しい空室対策を提供しています。是非一度ご相談下さい。